医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

フリーター医師

フリーター医師生活を上手に送る3つの方法

投稿日:7月 19, 2015 更新日:

フリーター医師生活を上手に送る3つの方法

フリーター医師への転身をサポートします。

フリーター医師への転身をサポートします。

医局に所属して頑張ってこられたものの、専門医を取得した、学位を取得した、もう十分に学ばれたなど、一区切りを終えられた先生は次のステップに移られていくことになるでしょう。

医局を離れられたあと、ご開業される、医局関連以外の病院にいく、また非常勤で複数の病院を掛け持ちして働かれる先生もいらっしゃるかと存じます。

複数のアルバイト先を掛け持ちする先生をフリーター医師と呼びます。

フリーランス医師も同義です。
その魅力は効率よく稼げること、ON/OFFをしっかりつけられてQOLを高められることでしょう。割の良いアルバイトを組み合わせることで、時給2万円以上、1日10万円以上を最低ラインとして、さらなる高みを目指していくわけです。オンコールや当直とは無縁になりますから、しっかり休んで稼ぐことが可能になり、QOLも高まるということです。当直することには賛否両論がありますが、若い世代の先生は若いうちに稼ぎ切ることも重要です。また、完全にフリーランスになってしまうことに不安をお持ちの先生は低リスクなハイブリッドフリーター医師になることをお勧めします。

フリーランス医師を目指す先生に向けて、上手にフリーター医師生活を送る方法についてまとめました。

フリーランス医師の収入は不安定。しっかり貯蓄すること。

時給や額面だけの月収・年収のみを見ると、なるほど、フリーランスの医師になると常勤医よりも稼げるでしょう。しかし、いつ仕事がなくなるか分からないのがフリーランスの宿命です。自由の代償といっても良いでしょう。リスクに対して上乗せされた報酬をいただいていることを忘れないでください。常勤医の給料は安く見えますが、福利厚生が含まれてるのです。常勤医ならば体調がすぐれない、家庭の事情、そのような理由で休むことは社会常識の範囲内ならば難なく許容されます。しかし、フリーランス医師の場合はなかなかそう簡単には行きません。非常に医師不足が強く困っている医療機関である、もしくは先生の専門性が極めて高く容易に代替ができない場合などを除けば「誰か他のアルバイト医師を・・・」となってしまいます。
こういったリスクに備えて、半年一年程度は休んでも憂いがない程度の貯蓄はしておいたほうが良いでしょう。

医師としてのアップデートに努めましょう。

大学もしくは医局関連の基幹病院に常勤で勤務されていれば、半ば強制的に勉強せざるを得ません。ご自身の専門医維持のための学会参加、研修医の指導のための発表指導があります。また、MRさんが最新情報を持ってきてくれたり、地域の勉強会に行く機会もあるでしょう。しかし、フリーランス医師になると、強制されないぶん、ご自身で意識的に勉強して知識をアップデートしていかねばならなくなります。基幹病院ならば学会参加費が補助されたり、学会だということで休診にしても容認されますが、フリーランス医師の場合学会参加費、年会費は自腹ですし、休診したらしたぶんだけ減収になってしまいます。ですから、なかなか勉強の機会が得られなくなります。最近は、医療機関のホームページで医師のプロフィールを開示されていることが一般的であり、「あの先生は○○大学卒で、××専門医と△△専門医を持っている」そんなことまで調べ上げている患者も少なくありません。肩書きだけが重要なのではありません。知識のアップデートを怠ると、最新の治療ができなくなり、長期的にはお呼びがかからなくなってしまうリスクが高くなります。

フリーランス医師はコミュニケーション力が命です。

フリーランス医師は非常勤医ですから、何かトラブルが起きた際には常勤医のように組織が守ってくれるとは限らないと覚悟してください。常勤医の場合、医療事故、患者トラブルなどの問題が発生すれば、安全管理部門や上司などの支援があり、最終的には組織が防衛してくれることが期待できますが、非常勤医師であると、蜥蜴の尻尾切りの対象になりがちです。また、先生個人の責任にされてしまいがちです。さらに、「トラブルを起こした医師」という悪い噂は広まるもので、尾ひれがついてしまって、他の医療機関でも雇ってもらえなくなってしまうようなことが珍しくないのです。私が申し上げるのも誠に僭越なのですが、患者さんやコメディカルに対して親切・丁寧に接するようにして好印象を持っていただくようにする、日ごろより円滑なコミュニケーションに努力しておくことが常勤医以上に重要になってくるのです。患者や職員と日ごろから円滑なコミュニケーションを取っておくことが有事の際に先生を守ることに資するのです。フリーランスになるということは、自由が大きくなる反面、自己責任も大きくなることを忘れないでください。

フリーランス医師への転身をお考えの先生、優雅に見えるフリーター医師生活は自由とは裏腹の自己責任の厳しい世界でもあるのです。ちょっと不安な気持ちになってしまった先生もいらっしゃるのではないでしょうか。どうかご安心ください。

サポートスタイル医師求人は、先生方のフリーランスへの転身を積極的に支援しています

フリーター医師に興味がある、こんなライフスタイルを夢見ている、こんなことが不安・・・
どんなことでも結構です。まずはお気軽にご相談ください。

-フリーター医師

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2018 All Rights Reserved.