医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

フリーター医師

フリーランス医師のすすめ

投稿日:12月 30, 2017 更新日:

フリーランス医師のすすめ

フリーランス医師

フリーター医師への転身をサポートします。

医師の労働条件は、勤務する医療機関によって様々です。医師には実に多様な働き方があるのです。

ひとつの病院に所属する固定的な働き方では休みも収入も自由に動かせません。しかし、フリーランス医師であれば、自分次第でより多くの収入を得られるようになりますし、必要に応じて休養日も設定できるようになります。

テレビドラマでもみられるように、今後は医師にもフレキシブルな雇用形態が普及していくと思われます。医師もまた人間ですから、ご自身の人生をも重視したライフスタイルを考えていく先生が増えていく傾向があります。

フリーランス医師ならばライフステージに応じて労働時間・労働強度を自由自在に調整できるので、今後のキャリアを考える上で、ひとつの選択肢としてお考えいただければ幸いです。

フリーランス医師の働き方

フリーランス医師の最低賃金は時給1万円だと言われています。複数の病院を掛け持ちして働いているフリーランス医師では日給10万円を超えるケースも多く、ここがフリーランス医師の最低ラインだと見ていいでしょう。

実績さえあればさらに給与が上積みされるので、日給20万円も夢ではありません。

専門医の場合はその技術を求められる時だけ要請がかかるといった形態もありますが、契約している各病院に曜日を固定して回る形式もあるようです。

長時間勤務が難しい方や、病院とある程度距離を保って働きたい方、家庭を大事にしたい方に適した雇用形態だと言えるでしょう。近年徐々にフリーランス医師の道を選ぶ医師の割合が増加しており、フリーランス医師を主人公としたテレビドラマが話題を呼んでこのような働き方があると多くの方が知ったこと、また、より自由度の高い働き方を求める医師が増えたことが一因と考えられています。

フリーランス医師とはどのような存在なのか

フリーランス医師は時給で働く、いわばアルバイトのような存在です。しかしその一方、各病院で不足している専門性の高い技術をもたらすスペシャリストでもあり、「この病院でこの医師の治療を受けられますよ」という看板を担う役割も期待されています。

常勤の医師よりも高い給与を約束されるのは、それだけの技術を求められるからだと認識する必要があるでしょう。

高収入を得られるフリーランス医師になるには、まずそれだけのキャリアを積まなければなりません。これだけの臨床経験があり、また、これだけの専門的な技術を持っているとアピールできるものを身に着けること。それが前提となるのです。

フリーランス医師は病院に所属する医師よりも厳しい目で技術や態度を見られます。常に技術を磨き、新しい知識を身に着ける意欲を持ちつつ勤務先を探し続ける困難もフリーランス医師ならでは。しかし、だからこそ、軌道に乗れば病院機構の内側では見えなかった世界が見えてくるはず。

医師としての現状に不満や疑問を抱えている先生は、ぜひ今後の選択肢の一つとしてフリーランス医師をご検討ください。

サポートスタイル医師求人は、先生方のフリーランスへの転身を積極的に支援しています

フリーター医師に興味がある、こんなライフスタイルを夢見ている、こんなことが不安・・・
どんなことでも結構です。まずはお気軽にご相談ください。

-フリーター医師
-

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2018 All Rights Reserved.