医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

フリーター医師

フリーター医師って本当に稼げるの?

投稿日:10月 29, 2012 更新日:

フリーランス医師も同義です。

医師アルバイト 面接

その魅力は効率よく稼げること、ON/OFFをしっかりつけられてQOLを高められることでしょう。割の良いアルバイトを組み合わせることで、時給2万円以上、1日10万円以上を最低ラインとして、さらなる高みを目指していくわけです。オンコールや当直とは無縁になりますから、しっかり休んで稼ぐことが可能になり、QOLも高まるのです。私が親しくさせて頂いている先生の中には、毎晩呼び出しを受けていた循環器内科の先生がいらっしゃいます。身も心も疲弊してしまったのですが、フリーランス医師になられることを決意されました。現在週休2日で外来3日、カテ1日です。年収は3500万円程になりました。先生は年収よりもしっかり休めるようになったことが良かったとおっしゃっています。

フリーランス医師・フリーター医師が稼げるのは嘘ではないのですが、本当にみんなが稼いでいるのか?

日経メディカルオンラインにこんな記事が掲載されました。Dプラス代表取締役の勝又健一氏の記事です。

フリーランスの医師って本当に稼げるの?

詳細はリンク先を読んで頂きたいのですが、同意致します。

売りになる手技があればフリーランスでやった方が短期的には稼げることが多いでしょう。しかし技術を最新に保つためには努力が必要です。勤務医なら周囲から否応なく修業をさせられますが、フリーランスになったら自分で時間を作って修行に努めねばなりません。フリーで繁盛すると時間が作れなくなります。

GW、年末年始などで痛感させられることですが、アルバイトは歩合制なので休日が増えるとその分収入が減ってしまって痛いです。特に大学院生の場合、アルバイト生活になりますから祝日に大学支給のバイトが休みになり減収になってしまいます。それを埋めるスポットアルバイトを探さねばならず、大変です。また、病気で休めばそれだけ減収です。安定収入を望む先生にはこの辺りがネックになります。

リスクを取るのが怖い先生は常勤医+割の良いアルバイトで補うのが一番無難かも知れません。フリーランス医師への転身をお考えの先生は弊社にお気軽にご相談ください。

-フリーター医師

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2018 All Rights Reserved.