医局辞める

医局を辞める理由1

医局を辞める理由を最適化する。

医局をお辞めになる時期は先生によって多種多様、ひとそれぞれと言えます。一般的には30台後半から40歳までの層が一番多くなっています。医師が医局を辞めるには理由が必要で、それも円滑に、スムーズに辞められるような穏便な理由が求められるものです。それを事前にご準備いただきたいというのがこの記事の趣旨です。

もちろん、人工的な理由では説得力を持たせることはできません。あくまでも自然な理由であることがスムーズに医局を辞めるために必要になります。

そのために、先生のお気持ちを整理することから始めましょう。

まず初めに、先生が医局をお辞めになりたいと初めてお考えになったのは卒後何年目くらいのことでしょうか?

また、そう思うに至ったのはどのような理由からでしょうか?

まず、他の先生の傾向を見てみましょう。
先生方が医局をお辞めになる決意を固められるのはだいたい以下のような節目になります。

医局を辞める理由
医師人生の節目に退局が多い

上記の表にお示しする通りですが、少し補足させていただきたいと思います。

  • 後期研修を終了したとき。一定の修行が完了したときと言い換えても良いかもしれません。初期研修後に大学医局に所属し、後期研修を開始される先生は少なくありませんが、実際に入ってみると理想と現実のギャップに悩まされることも日常茶飯事です。「こんなはずでは・・・」という思いから、やむなく医局を辞める方向に進んでいかれます。
  • 学位や資格試験を取得したとき。最近は圧倒的に後者が多くなっています。専門医を取得したら医局を辞めるのが最近のトレンドになっています。
  • 当直や時間外呼び出しが体に響くようなってきた40歳前後。若いうちは体力があって我慢できるものですが、40歳にもなると当直明けに何日も疲れが取れないようになる先生が多くなります。そんな状態でオペをしていて良いのか、外来をしていて良いのかと自問自答されるようになり、自然に「辞めようか」となっていきます。
  • 医局の政権交代にともない、主流派ではなくなってしまったとき。これは医局によってケースバイケースですが、旧態依然とした医局ではいまだ当然のように教授選に負けた先生の派閥を冷遇したり左遷したりするということが行われています。居場所を失った中堅の先生が退局に追い込まれるケースです。

医局を辞める理由は先生個人の御事情よりイロイロですが、

共通して言えるのは何かと言いますと、「現状への不満」です。具体的には、労働環境の悪さ、待遇の悪さ、医局のシステムへの不満・・・ざっと挙げますとこんなところでしょうか。ここに原因があることが多いのです。先生に当てはまるところがございますか?

不満があるのに我慢ばかりしているのは精神的にも肉体的にもよくありませんし、なにより双方にとって不幸な関係であるといえるでしょう。

しかし、いかにひどい医局であったとしても、不平不満を述べて辞めるのはやめておいたほうが良いでしょう。

なるほど、今までの不満をぶつけて辞表を叩きつけると胸がスカッとします。ところが、それがブーメランとなって跳ね返ってくることを考えねばなりません。先生の今後の医師人生を考えるとお勧め出来ません。人の怒り・恨みは恐ろしいものです。先生が医局を辞められた後に、アイツはとんでもない奴だと転職先の病院やその周辺に言いふらさないないとも限りません。あるコトないコト言われてしまうリスクがあります。

このように、医局と喧嘩して転職するのは得策ではないのです。医局を辞める際にケンカ別れしてしまえば、医局側は先生に恨みを抱いて長期に渡り執拗な嫌がらせを続けるかも知れないのです。先生のその後のキャリアに暗い影を落とす可能性があります。
なぜ、ケンカ別れをしてはいけないのでしょうか。それは新たな敵を作ることになるからです。憎悪が憎悪を呼び、憎しみの連鎖にハマり込んでしまいます。一種の地獄です。

出身医局の教授と揉めてしまうと、医局から先生を干すように指令が飛びます。医局長以下、上層部から関連病院にまでそのような命令が発令されてしまいます。

医局長にムカついて、他人の門前で罵倒してしまった先生がいました。その先生は勤務先にいられなくなり辞職。その先生より医局長の方が後輩だったのですが、その報復は凄いものでした。勤務先を辞めさせただけではなくて、
「あの先生が来ても絶対に雇ってはいけない。」
と関連病院全てに電話をかけて回ったそうです。結局、県内にある大学の息のかかった病院にはどこにも雇ってもらえず他県に行くしかありませんでした。
同じ地域の中では患者を紹介したりされたりする機会もありますし、研究会などで顔を合わせる機会も少なくありません。敵が増えるとこういったときに毎度毎度余計なストレスがかかって精神的によくありません。なるべく敵を作らず、穏やかに過ごしたいですね。

医局を辞めるために一歩踏み出す前に、奥様あるいはご両親などご家族にお話されることをお勧めします

ご自分だけで話を進めてしまうと後々困ることが少なくないのです。奥様、ご主人様のご理解が得られないと、いくら先生が頑張ってもうまく行きません。まずは奥様・ご主人様に医局を辞めることを了解していただき、協力体制を取ってください。それができて初めてスタートラインに立てます。

医局を辞める決断に至った背景には、並々ならぬ理由があることでしょう。医局の人間関係に疲れた、関連病院の過酷な労働環境にほとほと嫌気が差した、などネガティブな理由が多いものです。ご自分のお考えを正直に言うことは悪いことではありませんが、医局を辞める際に限って言えば良くないのです。医局の世界には、決して言ってはいけない暗黙のタブーが多数存在するものです。
たとえ本当のことであっても、言ってはいけないことを言ってしまったがために
「ひどいことを言った奴」

として村八分にされることも少なくありません。

医局を辞めるための公式な理由は、「自分の意志や行動ではどうにもならないこと」を挙げると良いでしょう。

自分の家庭の事情を理由にすれば納得いただける可能性が高くなります。

「両親が病気で、介護しなければならなくなった。」
「子供が病気で、妻のサポートが避けられない。」
「妻が病気で育児が難しくなってしまった為、サポートが必要になる。」
といったものが無難でしょう。

先生が医局を辞めようとするその時期に、同じ医局のの他の先生が相次いで辞意を表明されたらどうなるでしょうか。当然、教授は面白くありません。締め付けを厳しくする可能性が高まります。組織防衛のための本能的行動ですが、辞める先生は困ったことに、難易度が上がってしまいます。同じタイミングで辞意表明をしそうな先生がいらっしゃる場合、それも複数名いらっしゃる場合、彼らが表明する前に辞意表明するように時期を早めることをお勧めします。逆に、複数の先生に先を越されてしまった場合には医局を辞める難易度が上がってしまいますから、無理をされないことが肝要です。1-2年延期することも視野に入れてください。先んずれば人を制すです。次の項目にも言えますが、退局には時間的余裕を持って臨みましょう。

退局も交渉事ですから、御自分の主張ばかり主張されては纏まるものも纏まらなくなってしまいます。ある程度の歩み寄りは必要だとご理解下さい。ですから、医局を辞めるには時間的・精神的余裕を持って臨んでいただくのが良いのです。
「1年間僻地の病院に行ってくれたら辞めさせてやる」
「1年間大学で雑用をやったら辞めさせてやる」

などが一般的取引でしょうか。個別の医局の慣例によってどの程度が相場かは大きく変わってきますが、同じ医局の他の先生と比較して明らかに劣った交換条件でなければそれで交渉妥結してしまうのも一つの方法です。1年程度の回り道にはなってしまいますが、揉めずに辞めることができるのなら安いものでしょう。法律で論じてしまえば、1ヶ月前に辞職を伝えればそれでよいということになりますが、早くても半年、できれば1年はかかると考えて計画を練ったほうが良いでしょう。
時間がかかってしまうと、どうしてもイライラしてしまうものです。早く辞めたいお気持ちもわかりますが、再優先すべき項目は「医局と喧嘩しないこと」なのです。すぐに辞めさせてもらえなかったからといって、
「法律上は1ヶ月前に・・・」
などとは言わないようにして下さい。医師の世界では「法的措置に訴える人間」は好訴妄想として危険人物視されてしまいます。結局損をするのは先生です。負けるが勝ちなのです。嵐はいつか止みます。それまではひたすら低姿勢に徹しておいてください。

医局を辞めて転職をお考えの先生、株式会社サポートスタイルにお任せ下さい。ご相談は下記フォームからお気軽にお送りください。

-医局辞める

© 2020 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人