医局辞める

医局を辞めたい先生、諦めないで下さい。

大学医局を辞めたい先生

医師が医局を辞めて転職される際には、大学医局との関係をどうするかという問題が生じます。2004年に新しい臨床研修制度が導入されて以来、医局に所属しない先生が年々増加しているものの、転職適齢期の先生の大半は医局に所属されています。医師転職と医局を辞めることは、不可分の関係であると言えます。

医局を辞める理由
医師人生の節目に退局が多い

医局を辞めるなら円満に

医局をお辞めになる際、円満にことを運ばないとブーメランのように先生に跳ね返ってきて災厄をもたらします。万が一にも教授と揉めてしまい、医局追放のような形になってしまえば取り返しのつかないことになります。医局から関連病院向けに「追放令」が発布され、当該エリアでの就職が困難院なることもあります。医師不足の深刻な地方では、うかつにその先生を雇用すると医局に兵糧攻めにされてしまいます。「そいつを雇うなら、全員引き揚げだ。」というわけです。転職先に迷惑をかけることになりかねないのです。また、根も葉もない噂を流され、医師の狭い世界で立場がなくなってしまうというケースも枚挙に暇がありません。転職する医師の5人に1人は退局で問題が生じているとされています。転職を検討している先生にとって、決して軽視できない問題です。

医局を辞めると早めに表明すべき

突然に辞意を表明するのは避けましょう。医療機関の立場で考えてみましょう。人員が一人欠員すれば残った人の負担が増えます。事前の調整が必要でしょう。少なくとも半年~1年前に、万全を期すなら2年程度前には退局の意思を伝えておくべきでしょう。一般的に1-2月には次年度の人事が確定するので、それまでに意向を伝えておくと人事面でも融通が利きやすく、円満に退局できる確率が高くなります。教授の立場で考えてみますと、医局員に辞められてしまうことは組織の規模が縮小しことを意味するので、歓迎できません。また、医局員の動向を把握していないというのはメンツにかかわる問題です。できれば事前に根回しをさせてあげる体裁をとっておきましょう。教授のメンツをつぶさないためにも、早めに動きましょう。

医局を辞めるというタイミング

辞意を表明するタイミングも非常に大切です。例えば、ご自分と同じような役割を担っている同僚が先に退局の医師を伝えていたら、教授が難色を示す可能性が高いでしょう。一方で、教授が切り替わるタイミングは退局しやすい時期と言えます。これは、旧体制の医局員が辞めても自分の責任とされにくいからです。転職先が決まってから教授にその旨を伝えたところ、入職間近になってから「許さない」と言われてしまう。結局医局に残ることとなってしまう。このようなことはいくらでもあります。このような形で医局に残っても気まずいだけで、針の筵といえます。 周囲の動きをしっかり見て、いつ辞意を切り出すべきか慎重に考えましょう。

医局を辞める理由

これまで記述したように調整していただいて、うまくいくと思いますが、中にはうまくいかないこともあります。一番厄介なのは慰留されてしまう場合です。慰留に成功すると成功報酬が出る、慰留用のマニュアルが用意されている大学もあると言われているくらい、どの大学も必死なのです。医局にとっては人材を守ることが至上命題なのです。中途半端な理由では容易に慰留されてしまいます。

医局を辞める理由は「個人や家庭の事情」を理由にするのが賢明でしょう。プライバシーにかかわる問題を前面に押し出していけば、口出しにくくなります。例えば、結婚・出産のためというのが
女性医師の場合一番無難な理由になります。女性の妊娠・出産にまで介入すればパワハラと呼ばれてしまいます。今の時代、大学教授や教官のパワハラはすぐに新聞記事となり、下手をすればマスコミの袋叩きに遭って、下手をすると自分の首が危うくなりかねません。このような恐怖を感じている教授は多いのです。

医師の転職、アルバイトの御相談は弊社にお気軽にお問い合わせ下さい。誠心誠意、全力でサポートさせていただきます。

-医局辞める

© 2021 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人