医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

医局辞める

医局を円満に辞めるための上手な理由探し

投稿日:7月 7, 2015 更新日:

医局を円満に辞めるための上手な理由探し

先生が医局をお辞めになる際、波風が立たないような理由をあげる必要があります。
何らかの無難な理由が必要です。円満に・穏便に辞めたい医局です。先生が医局をお辞めになることを教授にお伝えになる際に波風が立ちにくい「医局を辞める理由」とは?

結婚・出産のため

女性医師の場合、これが一番無難な理由になります。他人のプライバシーに介入するのは憚られる御時世ですから、女性の妊娠・出産にまで介入すればパワハラと呼ばれてしまいます。今の時代、大学教授や教官のパワハラはすぐに新聞記事となり、下手をすればマスコミの袋叩きに遭って、下手をすると自分の首が危うくなりかねません。このような恐怖を感じている教授は多いのです。

親の介護のため

医局をお辞めになる先生の多いのは30代後半から40歳程度までの世代がマスとなります。そうなると、少なくとも団塊の世代より少し若いか、それ以上の世代が親御さんということになるでしょう。70を前にして元気な方は多いですが、介護が必要となるような方も少なくないのも事実です。 御両親が同じ医局でご活躍、などというと嘘は言えないでしょうが、地方出身の先生で、ご両親が医局と無関係のエリアにお住まいであれば、無難な理由として使えます。また、御自身の御両親が無理でも、奥様のご実家の介護のお手伝いで・・・というケースも散見され、これらを組み合わせることで立派な退局理由となり得るのです。

家族が病気である

奥様の体調がすぐれない、お子様の体調がすぐれない、同居の御両親の体調がすぐれないなど、嘘ではない範囲で、ある程度ぼかした言い方で、辞めさせていただく方法です。女性医師の妊娠・出産と同じく、先生のご家族の体調というのは(先生御自身の体調とは異なり)「気合が足りない」「甘えだ」とは言い難いものです。これらを理由として、穏便な辞め方を模索されることをお勧め致します。大学病院の医局をノートラブルで辞めることが大切なのです。

医師の転職、アルバイトの御相談は弊社にお気軽にお問い合わせ下さい。誠心誠意、全力でサポートさせていただきます。

-医局辞める

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2018 All Rights Reserved.