医局辞める

海外留学後、そのまま医局を辞めたい

「現在海外学中。日本には帰るけど大学には帰りたくない。」
海外留学中の先生から何度かこんな相談を受けたことがあります。当初の夢破れ、燃え尽きてしまった先生によく見られます。多くの場合、スマートな医局の辞め方を考える余裕もなくなっています。
最も難しいケースは、留学中にも大学からある程度給料が出ている場合です。取り敢えず一度は帰らないとシコリを残しそうです。留学したらお礼奉公する、そんな悪しき慣習が残る大学は少なくありません。こんな場合に帰国してそのまま辞めてしまうと、
「お前が悪い前例になる。後輩に示しがつかない。」と非難されます。
特に留学は全員が行くわけじゃないでしょうから「お礼奉公」が要求されるケースが少なくありません。

 難しい判断ですが、帰国後その医局の息のかかったところで働くしかないならば、ケンカはしないほうが賢明です。半年でも良いので帰るべきではないでしょうか。

医局から給料は出ておらず、留学先から給料をもらっている場合はその限りではないでしょう。
しかし、帰国後も医局と円満に仲良くやっていくならというのであれば、黙って他に就職するのは良くありません。こういう理由で別のところに就職することにしたと、教授にちゃんと説明したほうが良いでしょう。その際には家庭の事情など、個人的理由をあげておくのが無難です。そして「大変申し訳ございません。」と深々と頭を下げましょう。

教授のメンツを保ってあげるのが一番重要なのです。

-医局辞める

© 2020 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人