医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

医局辞める

医局を辞めるということ。医局を辞めよう。

投稿日:1月 21, 2009 更新日:

医局を辞めよう。

一般に、大学医局から離れて転職するということを「医局を辞める」と言います。医師が転職を考えるとき、大きな壁となって立ちはだかるのがこの「医局を辞める」ことです。

医局制度の現状

大学医局とは、改めて説明すると大学教授を頂点とする医師たちのシステムのことです。医師たちの研究・教育・人事などをコントロールする組織です。

日本国内にも多くの病院がありますが、大きな病院は医局と関連している場合が多いです。大学医局が総司令部で、所属している医師達は医局から派兵されて病院など様々な職場で働く形態をとります。このため、病院で働いていても医局派遣されているうちは大学もしくは医局に所属していると言っていいでしょう。

大学医局に所属するということ

医局に所属しているうちは身分がある程度保証されているということは、メリットというほどのことではありません。むしろ奴隷、桎梏というべきでしょう。若いうちに所属することはやむを得ないことです。勉強のためでしょう。長期間所属するかどうかは本人次第。自己責任と言えます。医局にへばりついていれば必ず出世できるというものではありません。ましてや教授になれるわけではありません。教授になれないなら、残っていても仕方がないのが医局制度。ゼロサム社会なのです。一生を奴隷で過ごすのが好きな先生はそれで良いかも知れませんが、そうではない先生は独立自尊の道を歩むべきではないでしょうか。即ち、医局を辞めるということです。

医師が転職を考えるとき

医局で得られるものが得られたら、見切りをつけるのが大人の対応ではないでしょうか。敗色が濃いのであれば、冷静に医局を辞める勇気が必要です。

-医局辞める

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2018 All Rights Reserved.