医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

医師転職

医師転職 (在宅医療)

投稿日:2月 3, 2014 更新日:

日本は高齢社会に突入し、医療費抑制のため入院を制限したい政府は在宅医療を推進してきました。

在宅診療医の活動拠点となる在宅療養支援診療所は、全国で急増しています。届出数は、平成18年の9,434箇所から、平成22年に12,487箇所になっています。診察室が不要なので、開設・運営コストを低く抑えることができます。また、地域医療の充実のために、国からも期待されているようです。引き続き拡大することが見込まれます。

患者・患者家族の意識としてはまだまだ病院志向が強いのですが、在宅医療・訪問診療に高点数を付ける政策は暫く続くでしょう。

在宅診療は診療点数が高く設定されています。また、当直やオンコールの要請が高い仕事です。働き方によっては、2000万円超えも可能です。最低でも1200万円以上は期待できます。

こういった追い風を受け、在宅医療を大々的に行っている医療法人がたくさん生まれています。そういったところが常勤求人を出しています。患者の自宅に行って密着した医療を提供したいとお考えの先生には悪くないでしょう。オンコール程度はあるでしょうが、病床はないので基本的に当直はありません。オンコールなしも選べますから、割り切った勤務をご希望の先生には交渉の余地があって良いですね。

逆に、密接過ぎる関係が嫌いな先生にはお勧めしません。
老人ホームの往診案件ならともかく、患者の個人宅に行くのは色々な意味で大変ですね。嫌でも家族とは顔を合わせますし、要望も聞かねばなりません。モンスターだったら・・・悩みは尽きません。家がゴミ屋敷だったら・・・悩みは尽きません。

ゴキブリやネズミが気になる先生には余りお勧めできません。運転手も兼ねて一緒に看護師がついてくることが一般的ですが、在宅診療をしている看護師のクオリティは低いことが多いです。ハズレを引いてしまうと目も当てられない。そういうリスクもあります。

-医師転職

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2019 All Rights Reserved.