医師転職

医師転職・麻酔科

麻酔科は、主に患者さんに麻酔をする事が仕事です。手術の最初に麻酔をし、患者につき様子を見ていく必要があります。手術が短時間で済めば良いが、一日かかってしまった場合ずっと患者さんに付いていなければならなりません。単純な仕事だと思い込んでた先生もいらっしゃいますが、どの医療機関にも必要とされる重要な診療科とも言えます。


もちろん患者さんに麻酔をするだけが仕事ではではありません。麻酔の管理や、どのような麻酔をするのかとしっかり患者に伝えていく必要があります。手術中は麻酔で寝ている患者さんの様子を見て、どのような状況であるのか推測するのです。


正直言うと他の診療科に比べれると存在感が薄いのが麻酔科でもあります。しかし、麻酔科医がいなければ手術ができません。必要存在価値の高い診療科とも言えるのです。外科が手術をする際には診療科が違えども意思疎通が取れていなくては手術に臨めません。他の医療機関にもそして患者にも感謝されるのがこの麻酔科とも言えます。


この麻酔科ですが、今、医師不足に陥っています。
麻酔科医がいなければ手術を行う事は不可能です。病院側も麻酔科で働ける医師の確保に努めています。正直に言いますと、麻酔科も他の診療科と比べ給料はあまり変わらないと言えます。麻酔科勤務医の年収は1200万円~1600万円程と言われており、決して良くはありません。しかし、麻酔科医は人材難であるため、病院によっては交渉次第で高くなる可能性もあります。

-医師転職

© 2020 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人