医師転職

常勤転職の求職数の傾向

先生方が転職される際、ご自分の診療科にはどのく程度求人があるかは重要な問題です。
求人数が最多なのは内科系です。次いで外科系、その他となっています。

内科系が圧倒的に多いわけですが、医療機関受診者の半分は内科系といわれているからです。内科系の内訳を見てみましょう。

  1. 一般内科
  2. 循環器内科
  3. 消化器内科
  4. 呼吸器内科
  5. 糖尿病・内分泌内科

全国津々浦々まで大小様々な医療機関がありますが、内科がサブスペシャリティまで細分化されているのは一握りの大規模病院に過ぎません。クリニックや零細な病院では細分化されていないことが多く、求人ベースで考えますと雑多な患者さんが受診する「一般内科」求人が最多となっています。

専門医志向の高い先生は雑多な患者さんを診ざるを得ない一般内科は敬遠したいと思いますが、民間病院は収益を大事にしているため、専門だけを診ることを受容するところは少数派で、雑多な患者さんを診る「一般内科」も同時にやって下さいと要求されることが多いです。

この辺りは悩むところだと思いますが、専門医志向で行くのか、一般内科も受容するのかは後で大きく響いてきます。この点は妥協せずにご要望を出して頂いたほうが我々と致しましてもより先生のニーズに近い求人をご案内することができます。

内科系と比べると求人の割合が少ない外科系ですが、整形外科は求人数が多め方です。

他科系に分類される皮膚科や放射線科・耳鼻科は診療点数が低めです。民間病院は収益を優先するため、このような科目の求人数は少なくなります。稀少な求人をいち早くキャッチしておさえることが必要となってくるのです。

弊社では医師紹介業10年以上の経験で培った医療機関とのコネクションを活用し、求人情報を優先的に入手できますし、と同時に、通常は募集の無い場合でもドクターの御希望に沿った求人・条件を交渉で創り出すことができます。転職をご希望のマイナー科の先生はぜひ弊社にお申し付け下さい。 ご相談は下記フォームからお気軽にお送りください。

-医師転職

© 2020 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人