医局辞める

医局をスムーズに退局する方法

医局を辞めるならスムーズに。

大学医局から退局する場合、スムーズに行かないことは珍しくありません。
特に地方の大学の場合では、医局長や教授や医局長から強く引き留められます。彼らはこういうことには慣れているので百戦錬磨。あの手この手で攻めてきます。

「先生が辞めると、残る先生はもっと疲弊する。それを考えたことはないのか?」
と罪悪感を煽る。

「あと半年だけ待って欲しい。そうすれば後任の目途がつく」
ととにかく引き延ばそうとする。

「医局を潰す気か!」「●●県で医者ができないようにしてやる!」
と恫喝する。

このように波状攻撃を仕掛けてきます。
こういった強力な引止めから脱するにはどうすれば良いでしょうか? 無理に退局してずっと嫌がらせを受けるのは避けたいものです。円満退職することが絶対に必要なのです。退職理由の内容は、家庭の事情により止むを得ない形とすることをお奨めします。同時に申し訳ないという真摯な気持ちも伝えると良いでしょう。

実際どんなにひどい職場・ひどい医局であったとしても現状の不満を訴えて「辞めてやる!」と言うのはいけません。先生が損をするだけだからです。
それでもなおスムーズに話が進まない事は十分あり得ます。そういった場合は絶対に負けない、不退転の覚悟が必要です。また切り出すタイミングについても十分
考慮して行なうべきです。同時期に複数の医師が退局する局面では、医局側も意地になって引き留めてくることが多いからです。そういう場合は、退局時期を半
年後、一年後にする工夫も必要になってきます。

-医局辞める

© 2020 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人