医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

女性医師

女性医師が子育て優先で仕事するのは、実際には難しいことです。

投稿日:3月 26, 2015 更新日:

女性医師が子育て優先で仕事するのは、実際には難しいことです。

女性医師の転職を支援します

女性医師の転職

女性医師、時に小さなお子さんを持つ女性医師の先生が子育て優先で仕事をされるのはなかなか大変です。お子さんが急な発熱をされても、すぐに帰れる先生は少数派です。職場のマンパワーに余裕があり、上司や同僚の理解があることが条件になりますが、そのような恵まれた環境ばかりではありません。

昔と比べると、女医の数は増える一方です。年代別にみると、女医は比較的若い世代が過半数を占めており、これからもその割合が増すと見込まれています。ですから、この問題にはもっと積極的に取り組んで行く必要があります。

女性医師の職場は昔より多様化しています。

女医への支援政策が出来て、子育てしながら勤務できる環境の整備が着実に進んでいます。

育児中の女医さんが増えると周りのスタッフに負担もかかり、負荷が大きくなるといずれは職場内で亀裂も出来かねません。亀裂で済めばまだよいほうで、負担が大きいといって一斉退職になったら大変です。
医療機関等で休職中の女性医師向けの復職支援セミナーが実施されています。ブランク期間に進化した医療技術に追いついたり、現場の感覚を再確認することが目的です。最近では医師が足りず、職場で一人の医師が休職や離職となった場合、周りの医師に仕事が重くなり、残った医師の力量次第では現場の混乱をまねきます。お子様の帰宅、お迎えの時間に合ったお仕事探しは大変です。

近年では、女性にも働き易い環境整備のため、医師にとって負担の少ない就業条件、ジョブシェアリング等を導入し、家庭との両立を願う女医への支援を打ち出しとる病院もあります。そういう病院を選ばれるのも良いでしょう。

医師が不足している問題については、家庭を持つ女医であっても働ける環境整備が必須です。しっかりと業界の就業環境を見直して整えるべきと言えます。

フリーター医師もあり、常勤医師もあり、いろいろな選択肢があります。

女性医師の転職、アルバイトのお悩み事は弊社にお気軽にご相談下さい。誠心誠意対応させていただきます。

-女性医師

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2018 All Rights Reserved.