医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

医局辞める

医局を辞めて転職したくなるのも無理はない

投稿日:1月 12, 2015 更新日:

勤務医の先生方の収入を同年代の開業医との収入の違いを比べてみれば、半分ほどの額の給料しか得ていません。若い世代の医師の頭に転職が浮かぶのは無理もありません。若い世代の医師が続けられないと思ってしまうような激務に次ぐ激務が日々繰り返されています。

医師不足はもっと厳しくなり、医師の抱える負担が増大が起こっていくことになります。少々癖のある医師が派遣されても、医局の力で早めに別の医師に交代することが可能であったり、数年で異動なので受け入れていただけていました。

医師の人事面だけでなく、機器や薬の選択・導入等の面においてベネフィットが大きかったのがこれまでの医局制度でした。

医局のナンバー2というべきが医局長ポストで、内閣でいえば官房長官です。一般に講師クラスの先生が担当するものです。将来的に医局を辞めて独立されても、医局出身者としての立場は残ります。かつては医師の配置を行う医局制度体制が盤石の体制であって、地域医療に寄与していたことは否めません。どんなことがあっても、大学病院の医局をスムーズに辞めることが大切なのです。

-医局辞める

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2018 All Rights Reserved.