医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

ハンガリー国立大学医学部

日本人医師が海外で活躍する夢に、2023年問題がたちはだかる。

投稿日:1月 4, 2015 更新日:

医学部の2023年問題
日本にECFMG認定を受けた医学部はまだない。

医学部の2023年問題。

「海外で自分の腕を試してみたい。」

そんな先生が珍しくなくなって参りました。知り合いの先生にもUSMLEを受験された先生がおられます。苦労はされていますが、それに見合う成果を実感されています。

しかし、最初から海外で活躍したいという志をお持ちの若い方には、日本の大学の医学部に行くのは遠周りになってしまいます。高校生には日本の医学部ではなく米国の医学部をお勧めしますし、医学部の学生には最初からUSMLE→米国で研修をお勧めしています。若い先生なら初期研修→USMLEをお勧めしています。若くない先生でも、頑張ればUSMLEはじゅうぶん合格できます。

しかし、そのプランを揺るがす問題が浮上してきました。米国医師国家試験の「2023年問題」です。

従来、日本の医学部を卒業していればアメリカの医師国家試験(USMLE)を受験することができ、米国医師免許が取れていました。2010年秋、アメリカ、カナダ以外の医学部出身者が米国で医業を行う際に資格を発行する機関である「ECFMG」 (Educational Commission for Foreign Medical Graduates)が、2023年以降の受験資格を「国際基準で認証された医学部出身者に限る」と宣言したのです。日本に認証された医学部はまだありません。

このままでは日本の医学部を卒業してもアメリカの医学部に入りなおさなければアメリカで医療をすることができなくなるのです。

日本の医学部教育が自己変革をしないと2023年以降は日本の医学部を卒業してUSMLEという道が閉ざされる可能性が出てきました。 USMLEを米国以外の医学部卒業生が受ける際、資格審査がありますが、それを行う団体が「2023年以降は国際的な認証評価を受けた医学部の出身者以外は認めない」との通告を出しました。 日本国内で医師として働く分には問題ありませんが、日本の教育が国際基準を満たしていないと、日本の医師が海外で活躍することが難しくなってしまいます。

有名進学校から国内大学ではなく米国大学に行く若者が増えていますが、これからは国内の医学部ではなく海外医学部、特に米国医学部に行く流れができてしまうかも知れません。そうなると日本の医学部はMLBに優秀な選手が流出して面白くなくなってしまった日本のプロ野球と同じになってしまうでしょう。

注目株はハンガリー国立大学医学部です。

現在、日本国内でのハンガリー国立大学医学部の位置づけは「日本の国立大学医学部に入れない層の受け皿」に過ぎません。その証拠に、ハンガリー国立大学医学部を出てEUで医師をする若者は少数派、ほとんど日本に帰ってきています。日本の医師国家試験の受験資格を得るための「合宿免許の自動車教習所」としか認識されていないからです。でも今後は違うでしょう。EUの医師免許が取れますから、日本の医学部より魅力が出てきます。働きたい国の語学試験をパスする必要性はありますが。

日本の医学部は今こそ変わらねばなりません。

 医師の転職、アルバイトの御相談は弊社にお気軽にお問い合わせ下さい。誠心誠意、全力でサポートさせていただきます。

-ハンガリー国立大学医学部

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2018 All Rights Reserved.