医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

医師転職

医師転職 (呼吸器内科)

投稿日:2月 18, 2014 更新日:

呼吸器内科における肺癌治療のウェイトは高まる一方です。癌ばかり診ていると鬱になって辞めてしまう先生も少なくありませんが、抗癌剤治療は最先端分野でもあり、日進月歩の進化を体感できるまたとない臨床現場であることが呼吸器内科の魅力ではないでしょうか。

呼吸器内科の採用ニーズは他の内科サブスペシャリティと比較しても高く、数多くの募集があります。募集元は総合病院、一般病院、療養型の病院、精神科病院、クリニック、老健施設や、健診機関あらゆる分野において呼吸器科の募集があります。また地域(大都市・地方都市・人口過疎地域)問わずに募集が広くあり、ニーズの高い科目の一つです。

大規模病院には肺癌が集まりますので化学療法に精通していることが強みになります。また、救急絡みで呼吸器管理が必要とされる急性期医療においては、呼吸器に強みをもつ内科医の評価は高くなります。

一方、中小病院においては肺炎や喘息など一般内科的な症例が増えるため、そういった治療のスキルの高さ、一般内科の数多くの患者をスムーズにこなせる能力が求められます。

-医師転職

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2019 All Rights Reserved.