医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

医局辞める

医局を辞めるための3つのよく出来た理由

投稿日:6月 23, 2009 更新日:

医局を辞めるための3つのよく出来た理由

医局をお辞めになる場合、キツイから辞めたい、給料が安いから辞めたいというのが本当の理由であっても、そられを公の理由にしてしまうのは洗練されたやり方とは言い難いでしょう。

医局を辞めるなら穏便に辞めるに限ります。医局を穏便院辞める理由、医局を辞めると教授に伝える際、スムーズに辞めさせていただけるられるよく出来た理由について、今回は書いてみたいと思います。

医局を辞めるための3つのよく出来た理由
洗練された理由

親の介護

30代後半以上の先生なら、ご両親は65歳以上の場合が多いでしょうし、実際に介護が必要となることも多いのではないでしょうか。

先生のご両親が親が教授や医局の先生方と親しい関係でなければ問題ないでしょう。教授と言えども他人の親の介護を蔑ろにはできません。

また、奥さんのご両親が介護を要しており、「妻を手伝う必要がありまして…」という理由も使っている先生もいらっしゃいます。

実家の手伝い

先生の親御さんが医師というような場合で、かつ開業医の場合によく使われる理由です。

「親が高齢で、手伝ってくれと言われまして…」といったことを言うことで、退局を認めてもらった先生もいらっしゃいます。

また、「友達のクリニックを手伝って欲しいと言われており、私も開業する上で勉強させてもらおうと思いまして」という先生もいらっしゃいました。

結婚・出産のため

女性医師特有の理由になりますが、よく使われる理由です。

メンタル不調

不眠症状・うつ症状があり、精神科受診などを行っている先生もいらっしゃるでしょう。

体調不良を理由に、「しばらく休業して、今後の身の振り方を考えたい」といったことをお伝えになるのは認められやすいでしょう。

医師の転職、アルバイトの御相談は弊社にお気軽にお問い合わせ下さい。誠心誠意、全力でサポートさせていただきます。

-医局辞める

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2018 All Rights Reserved.