医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

医局辞める

医局を辞めるにはタイミングが大切です

投稿日:5月 19, 2015 更新日:

医局を辞めるにはタイミングが大切です。

労働法規では1か月前に退職の意向を伝えれば良いことになっていますが、医師の場合はそのようなことに支配されません。というのも、医療現場では最後の患者の診察がを終わるまでは治療をやめてしまうことはできません。治療を投げ出してしまうことはできませんから、ある程度の道筋をつけてからでないと辞めるのは難しいです。また、医師の世界の特殊性・その高度な職務内容から、募集における案件収集と面談、転職、後の待遇その他で特別の配慮が不可欠です。そのため余裕を持ったキャリアプラン構築が不可欠なのです。円満に大学病院の医局を辞めることが大切なのです。

医局を辞めるなら冷静に
イラッとしたら・・・

よって、サラリーマンの世界よりもさらに余裕をもって伝えるべきです。遅くとも3ヶ月前、できれば1年前に伝えることが理想的です。また、辞職を伝えるタイミングも大切です。普通の会社であっても、1ヶ月前では仕事の引き継ぎがスムーズにできないこともありますから、もう少し余裕を持って前倒しで辞意を伝えるべきでしょう。

組織改正直後などは、新体制となって新たにスタートをする時期ですから、このような時期に辞職を伝えるのはよくないでしょう。また、教授退官間近の時期も避けるべきでしょう。

新体制になった直後、変わる直前などは組織自体がバタバタするものですから、そこに個人的に辞職をして、余計に混乱させてしまうことがないようにしたいものです。

では、医局はどのようなタイミングで辞めるべきなのでしょうか。それは、医局全体の体制が整い組織がスムーズにまわっている時期に言うべきでしょう。

また、自分はいち早く医局を去りたいと思っていても、医師不足の現状もあり、患者さんを放っておくことができず、辞めることができないということもあります。

しかし、このような情に流されているといつまでたっても医局を辞めることができなくなるので、どこかで思い切りが必要かもしれません。

転職を決意したら、動きは早くすることに越したことはありません。医局を辞める場合は医局人事の発表される時期との兼ね合いもあります。周囲の先生への影響を少しでも小さくするために早めに動いた方がよいでしょう。

医局をお辞めになりたくてお困りの先生、医師の転職、アルバイトの御相談は弊社にお気軽にお問い合わせ下さい。誠心誠意、全力でサポートさせていただきます。

-医局辞める

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2018 All Rights Reserved.