医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

医師アルバイト

スピード。それが精神科転科成功の鍵です。

投稿日:2月 12, 2014 更新日:

精神科転科成功の鍵はスピードです。

先生の転職・アルバイト探しのお手伝いをさせていただきます。

先生の転職・アルバイト探しのお手伝いをさせていただきます。

医師の転職の際、それで待遇が良くなる可能性が高まるのであれば転科を躊躇すべきではありません。若い先生ほどやり直しがききます。多少の勇気が要りますが、将来への投資だと思って決断してください。
それでは、転科する先生が何科を選んでいるのでしょうか。
転科希望医師のうち、50%以上は精神科への転科希望だというデータがあります。なぜ精神科に転科しようと考えるのでしょうか。それは、言うまでもなく勤務が楽でQOLが高いからです。精神科救急を除けば実働1日30分の常勤案件は少なくないので、ゆったりした勤務をご希望の先生に高い人気があるのです。
研修医、若手医師の間での精神科ブームはまさにこのような事情で起こっているのです。

最初に書いたように、精神科への転身は早ければ早い程良いです。

昔の常識ですと転科はワケアリの感じがして憚られる印象がありましたが、これだけ医師の労働市場が流動化してきた昨今ではそのような偏見も随分と弱まってきました。精神科への転科はごくありふれた日常風景と化しているために、転職時の履歴書や面談時に問題とされることはありません。とはいえ、何故転科したのかは必ず聞かれますから準備しておきましょう。

何故、精神科転科が早ければ早い程良いのか。

それは、精神科医になるからには精神保健指定医を取得しないとそのメリットを活用できないからです。精神保健指定医を取ってバラ色の人生を実現してください。資格がなければ精神科に転科しても美味しくありません。取得のために無駄なく年数と症例を稼いでいかねばなりません。
医療機関の視点で考えると、精神保健指定医がいるか否かで診療報酬が違ってきます。精神科救急を受けることができればこれまた医療機関の収入が大きく増えます。精神保健指定医を採用したいのは当然です。指定医の給料が非指定医より数百万円高いのは全く合理的な話なのです。また、指定医を安定してキープしているような医療機関は経営が安定します。

自ずと精神科救急をやることになりますが、その分給与はさらに高めになります。QOL重視の先生には受け入れ難いことかも知れませんが、ある程度の割り切りが必要です。指定医を持っている先生であれば、入院患者数が多すぎず、措置入院が多すぎず、優秀なスタッフが揃い、他にも(特に自分よりも若手の)医師がいて業務を分散できそうかどうかが医療機関を選ぶポイントとなります。QOLを維持しつつ、高給も維持するというわけです。
上手くいかなかった場合、どうなるでしょうか。
精神保健指定医を持たずに汚れ仕事ばかりやらされるようなケースです。とりあえず指定医がなくてもできる仕事が増えています。ブラック企業の増加、非正規雇用の増加で、正社員になれても地獄、なれなくても地獄という現実が広がるにつれ、心を病む労働者が増えています。精神科、心療内科の需要は確実に増えています。しかしながら指定医がないとできないような仕事が特別に増えているわけではないのです。言い方は悪いですが、誰でも診れるようなものが激増しているわけです。

精神科転科をお考えの先生、弊社にお気軽にご相談ください。

-医師アルバイト
-

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2019 All Rights Reserved.