フリーター医師 医師アルバイト

フリーランス医師が増えています

フリーランス医師が増えています。

フリーランス医師、フリーター医師の2種類の呼び名がありますが、同じものだと考えて頂いて結構です。今、医師紹介業界ではフリーランス医師の急増がトピックスとなっています。フリーランス医師が従事されるスポットアルバイト、定期非常勤アルバイトのニーズが急増しているからです。


フリーター医師のニーズが増えている。
増え続けるフリーター医師

リーマン・ショック後の景気悪化で、フリーランス医師になる先生が増えているからです。投資業、FXなどで日々の糧を得られていた先生方が急な市場環境の変化を受けて本業回帰をしていると言えばわかりやすいでしょうか。

フリーランス医師の定義ですが、

常勤として一つの医療機関に勤務せずに非常勤で複数の病院を掛け持ちして勤務している医師のことを指します。フリーランス・フリーターといえば収入が低いのが相場ですが、フリーランス医師の場合、勤務医よりもはるかに高い収入を得ている先生もいらっしゃいます。

例えば、報酬が半日外来、当直・検診で5万、1日外来、救急で10万円だとすると、少ない勤務日数で勤務医よりも多くの収入を得ることができるのです。こうしてみると、フリーランス医師は収入面でメリットが大きいのですが、どんな先生でもできるというものでもありません。それは、決められた時間内に仕事を終わらせる技術や、適切な判断力、患者さんやスタッフとのコミュニケーション力が求められるからです。

このように、フリーランス医師になるには決められた時間内に仕事を終わらせる技術や、適切な判断力、患者さんやスタッフとのコミュニケーション力が求められ、あらゆる面でスキルが高い先生でないと難しいのです。

フリーランス医師が増加すると医療のレベルは落ちてしまうことになってしまうかもしれません。
「スキルが高い人が多いのになぜ?」
そんな疑問をお持ちになる先生がいらっしゃるかもしれませんが、フリーランスになった時点ではスキルが高くても、そこからスキルをさらに磨いていくことは難しくなるからです。

それは、医局に残っていれば学べるであろう最新治療などの情報にも疎くなるからです。また、当直や検診で診療した患者さんも定期的に診るわけではないので、その場限りになってしまうことがほとんどだからです。このような状態が長く続けば、フリーランス医師のスキルは低下していってしまうことでしょう。

医師紹介会社に登録し、条件の合った病院にアルバイトとして出向くフリーランス医師だけでなく、携帯電話やスマートフォンでその日のバイト先を決めるような先生もいらっしゃいます。医師の多様なライフスタイルが可能になってきているのです。

次に40代の内科医のそれぞれの平均年収をご紹介します。
・大学病院…600~800万円
・国公立病院…800~1,000万円
・民間病院…1,500万円~1,800万円
・フリーター医…2,000万円~3,000万円

このデータを見ても、勤務医が時間に拘束されることが多いのに、フリーランス医師よりも賃金が安いことが見てとれます。このような現状から、昨今、フリーランス医師になる先生が急増しているのです。フリーランス医師の問題としては、今まで常勤医師として医療機関で中枢となっていた中堅ドクターが退職してフリーランス化することで、医療機関のドクターの層が空洞化してしまうことがあげられます。

医師の転職、アルバイトの御相談は弊社にお気軽にお問い合わせ下さい。誠心誠意、全力でサポートさせていただきます。

-フリーター医師, 医師アルバイト

© 2020 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人