医師紹介業15年以上の辣腕コンサルタントが先生ひとりひとりにオーダーメイドのサービスを提供します。厚生労働大臣許可番号 12-ユ-300367

医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人

医師転職

医師転職 (小児科)

投稿日:2月 17, 2014 更新日:

小児科医師不足が叫ばれて久しいです。

医師不足が様々なメディアで報じられていますが、そういった現実を反映して小児科求人は多めです。特に救急対応している総合病院の小児科求人が多く、国公立・民間病院を問わず募集が多く出ています。小児科のニーズの高さを受け、クリニックや中小の病院で外来中心業務を新規で開いたり、再開するところも増えてきています。

なかでも新生児医療の現場でのニーズは高いです。
医療圏によっては地域医療の健全化の為に小児科医を切望されている地域も多いですね。

小児科医の女医率は高めですが、あまり忙しすぎるのは考えものです。
医療機関によっては、当直時間を労働時間とカウントしてシフトを組む、女性医師のワークシェアを推し進める医療機関も増えています。女性医師の方はぜひそのような施設をお選びいただければ幸いです。

転職にあたって重要なのは「何ができるか」です。専門分野(循環器、未熟児、小児障害など)や、診療に対する姿勢・要望を面接で質問されるケースが少なくありません。特に新生児対応や当直や夜間のオンコールに対する姿勢ははっきりさせておかねばなりません。面接の場でご自分の希望を正直に答えないと、想像以上にハードな勤務が待ち受け、結局燃え尽きてしまうことになりかねません。長く勤務するためには無理をしないことが肝要です。

-医師転職

Copyright© 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人 , 2019 All Rights Reserved.