医師アルバイト

内視鏡のみのアルバイトを狙え!

「内視鏡のみ」のアルバイトは消化器内科医・消化器外科医から根強い人気が根強い人気があり、稀少です。
内視鏡アルバイト求人で症例を積みたい医師が多い反面、求人数は少ないためです。内視鏡が好きな先生には、「外来は嫌い、内視鏡だけやっていたい」という先生が少なくありません。常勤市場においても内視鏡だけやりたいといった医師が少なくないのですが、医療機関側はそう考えません。病棟を診ない医師は要りませんし、内視鏡は侵襲的な検査であるため、事前のムンテラが大切です。彼らは患者との高いコミュニケーション能力を備えた先生を欲しがっているのです。それに加えて上部・下部の検査の経験数が多いこと、認定資格(消化器内視鏡専門医など)を所持していることが好条件を得るコツです。
どうせアルバイトするなら症例を積みたいもの。応募前に情報収集を徹底的に行いましょう。①内視鏡の症例数(上部・下部、ERCP、EUS、EMR・ESD、ポリペク等)と医師の体制、 ②医療機関が求めているスキル(上部or下部、あるいは両方、一般内科など)、③検査や治療の実施内容、 ④内視鏡室のスペース・数やスタッフ数、⑤内視鏡のメーカー(オリンパス、フジフィルム)と本数、⑥オンコール状況と手当て、⑦外来や病棟管理の有無、⑧資格取得を目指す場合、日本消化器内視鏡学会や日本消化器病学会の指導医がいるかどうか…などの確認は欠かせません。

-医師アルバイト
-,

© 2020 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人