医師アルバイト

臨床医の海外雄飛は可能か

臨床医の海外雄飛は可能か

日本の医師免許をお持ちの先生が日本国内どこでも医師として活動できるのは、日本国が免許を与えているからです。海外でそのまま使えるわけではありません。使える場合もあくまで限定的です。代表的な例が「日本企業の海外駐在員相手」でしょう。駐在員相手のクリニック勤務や開業です。

日本企業の海外駐在員を対象にしたクリニックの勤務医をしている先生によると、QOLは良いようです。円換算の給与自体は決して高くは無いものの、物価が安いこと、豪邸にメイドが当然の生活などを考えると豪華な生活を送りやすいようです。

NMOの記事で論じられているように「今後日本で医師をやっていて大丈夫なのか?」という不安を抱えている先生は多いでしょう。「脱日」を本気で考える時期が来ているのかも知れません。

いかに「脱日本」をするか。

日本企業の海外駐在員相手のクリニック勤務・開業が現在最有力の候補ですが、飽和してしまうと食い扶持が無くなるのではないかという不安が残ります。日本企業は今後も海外進出を加速させる見込みですが、国内でさえ外国人の採用比率が高まっている程ですから現地での日本人比率が国内並に高いとは限らず、現地人ばかりとなれば需要が無いでしょう。「日僑」が着実に増えていくのかどうか慎重に見極める必要があります。

仮に今後我が国がTPPに参加し、日本の医師免許と加盟国の医師免許が相互に認められるようになるのであれば、海外で医師をする先生の選択肢は増えそうです。日本の医師労働市場は海外よりもハードワークを求められる傾向がありますが、美味しいところには必ず海外医師が流れこんで来ます。座して死を待つよりは打って出ることを真剣に考えざるを得なくなってくると考えられます。

医師転職にお困りの先生は弊社にお気軽にご相談下さい。誠心誠意対応させていただきます。

-医師アルバイト
-

© 2020 医師転職・アルバイト | サポートスタイル医師求人